確認事項

応募の前にご確認ください。

1 愛媛大学ジュニアドクター育成塾の主旨

 本プログラムは勉強を目的としたプログラムではありません。たとえば,スポーツのユースチームのように,自分の想いを社会で実現するために,率先して得意分野を伸ばし,興味の幅を広げる,自分自身で行動できる児童・生徒を対象としております。

2 保護者の方の協力が必須です

 保護者が子どもの興味関心に対してともに考えることが,子どもの成長に重要であることがわかっています。お子様の成長のために,ご協力をお願いします。また,eラーニングでの相互評価へのご協力も合わせてお願いいたします。他の受講生の評価にご協力いただくことで,お子様の得意分野をどう伸ばすべきか,どう広げるべきかについてさまざまな情報が得られるものと考えております。

保護者参加回は,保護者の方もかならずご参加ください。

3 子ども同士の協働が必要です

 親子の関係と同じように仲間との協働も成長には重要です。そのため,本プログラムは,毎回ランダムにチーム分けされ,小中学生の多様な受講生が協働します。メンターである大学生,もしくは先輩受講生からの助力は得られますが,お子様自身が他者に伝え,他者を理解しようとする姿勢が重要です。

4 インターネット環境が必要です

プログラムでの連絡はインターネット(Slackおよびロイロノート)を利用します。また,eラーニングがありますので,お子様が利用できるインターネット環境が必要です。国立研究開発法人科学技術振興機構から受講生へのPC,タブレットの貸与は禁止されておりますので,インターネットに接続でき,動画視聴,画像のアップロードができる環境をご用意ください。

注意事項

インターネットは,言葉の行き違いが起こりやすい環境です。インターネットのご利用に関しては,かならず保護者の監督下で行っていただきますようお願いします。

Slackとは
https://slack.com/intl/ja-jp/

ロイロノートとは
https://n.loilo.tv/ja/

eラーニング(講座開設準備中)
http://gacco.org/

5 自覚を持った行動が必要です

本プログラムでは受講者に責任ある行動が求められます。学校とは異なり,個別対応にお時間を割くことはできません。予定や提出物の提出状況などは,ご自身の責任で管理していただきますようお願いいたします。また,予定変更などは,お早めにご連絡ください。ご自身で責任を持った行動をしていただけない(課題が提出されない,連絡に返信がない,複数回の急な予定変更など)と判断された場合は,受講停止や受講資格を取り消しがあります。

6 選抜はかならず行う必要があります

国立研究開発法人科学技術振興機構から希望者全員の受け入れは禁じられており,かならず選抜を伴うという実施条件がつけられています。申し込みをなされたお子様が優れた才能を持つことは疑いの余地がありません。一方で,実施条件を遵守しなければなりません。大変申し訳ありませんが,ご希望に添えないこともありますことをご承知おきください。しかしながら,お申し込みいただいた方は親子1日受講生としての受講をお約束します。