No.007 奥田晃彦(田中貴金属株式会社 湘南工場 工場長)

ジュニアドクター育成塾愛媛大学

2018年12月2日(日) のジュニアドクター育成塾愛媛大学第6テーマは「 都市に眠る貴金属を見える化しよう 」!

今回の科学プロ図鑑は、当日講師として。 身近なのにあまりよく知らない、貴金属のリサイクルに使用する技術について最前線のお話をしていただいた田中貴金属株式会社 湘南工場の奥田晃彦工場長にご登場いただきます。

【目次】
1 子どもころはどんなことに興味があった?
2    子ども時代に頑張ったことは?
3    今の仕事を選んだ理由は?
4    今の仕事の分野は?
5 仕事をしていて一番嬉しい瞬間は?
6 仕事をしていて一番大変だと思うことは?
7 同じ仕事を目指している子どもたちに,いま頑張ってほしいことは?

ジュニアドクター育成塾愛媛大学第6テーマ

1 子どもころはどんなことに興味があった?

 科学にはずっと興味がありました。小学生のころはいろいろな模型を作ったり、ラジオを組み立てたりしていました。幼いころは手を使って作ることが好きでした。

2    子ども時代に頑張ったことは?

 よく遊びました。小学生のころは野山を歩いたり、自転車で走ったりしていました。中学生のころになると、勉強もよくしました。でもよく遊びました。

ジュニアドクター育成塾愛媛大学の受講生3人がビーカーを覗く姿

3 今の仕事を選んだ理由は?

 リサイクルに関心があったからですね。日本は資源が少ないから、貴金属以外はもうサイクルがまわらないのではないかと考えました。鉱山会社も同じようなことをやっているところはありますが、スクラップから回収するということに魅力を感じました。

4 今の仕事の分野は?

 他のところでもまだ見つかっていないような分離精製の技術をさがしていました。色々な金属が混ざっている中から単独のものを取り出していくということですね。今日の講座でも金と銀の分離や、金と銅の分離を行いましたが、もっと分離が難しい貴金属がたくさんあります。ビーカーでできても、次は量産できるようにしないといけないわけですから、そこでも様々な問題が起こります。そういうことに関わってきました。

ジュニアドクター育成塾愛媛大学の受講生1人がビーカーを覗き込んでいるところ

5 仕事をしていて一番嬉しい瞬間は?

 やっぱり、現場で自分が開発した技術が実際に設備として動くことですね。そうして世の中へ出ていくことは、すごく達成感があります。社会に貢献していきたいという思いもあるので、リサイクルでももちろん貢献できていると思いますが、今日のように教育の場でリサイクルや化学の話をするのも貢献のひとつかなと思っています。あとは、長年学会などで発表したり、今日のように講座を任されたりすることで貴金属という分野では名前が売れてきたことですね。

6 仕事をしていて一番大変だと思うことは?

 工場長という立場になると、人のマネジメントという仕事になってきますね。今までは自分の好きな研究をやっていたのですが、今は人をうまくまとめていかなくてはいけません。それが難しいです。我慢するのが仕事のようなものです。

ジュニアドクター育成塾愛媛大学の受講生たちが談笑しているところ

7 同じ仕事を目指している子どもたちに,いま頑張ってほしいことは?

 独創的なものを作ってほしいです。自分で考えて自分で動くこととか、人のまねばかりしないことですね。独立性や創造性をもったこどもがたくさん育ってほしいです。やんちゃでもいいです。そうでないと新しいものは生まれませんからね。今日のような講座で、科(化)学などいろいろなことに関心を持ってもらって、将来それをきっかけに何かを成し遂げてもらえるととても嬉しいです。

ジュニアドクター育成塾愛媛大学の受講生が貴金属を取り出しているところ

取材者:
スチューデント・キャンパス・ボランティア
メディアサポーター出版部
写真・文 杉山未来

スチューデント・キャンパス・ボランティア公式HP:
http://scvinfo.csaa.ehime-u.ac.jp/dantai/mspt/

正解を追い求めず、自分で考えて自分で動くこと。
奥田先生がおっしゃる「独立性と創造性」を持った子供たちを育てることは、まさにジュニアドクター育成塾愛媛大学の目指すところでもありますね。

みなさんはどのように感じましたか?

貴重なお話をありがとうございました。

<こちらも合わせてご覧ください>
No.001 大橋 淳史(愛媛大学教育学部准教授・ジュニアドクター育成塾愛媛大学事務局長)

No.002    和波里翠(株式会社ディー・エヌ・エー UI/UXデザイナー ビジュアルファシリテーター)

No.003 室秀樹・吉川典仁(株式会社プラスアルファ・コンサルティング)

No.004 坂本宜俊 准教授・中村承平 准教授(松山大学薬学部)

No.005 飯尾 聖(愛媛新聞社 編集局 報道部 副部長)

No.006 衣笠 哲也(岡山理科大学 工学部 機械システム工学科教授