全国科学コンクールまとめ【2018年版】

「第66回統計グラフ全国コンクール」
主催;公益財団法人統計情報研究開発センター
対象;全国の小学生、中学生、高校生、大学生及び一般社会人
応募締切日;平成30年10月1日(月)必着
内容;課題は自由。各都道府県が実施しているコンクールに出品し、その中から優秀な作品が全国コンクールに出品される仕組み。
URL;http://www.sinfonica.or.jp/tokei/graph/index.html

「第62回全国学芸サイエンスコンクール」
主催;株式会社 旺文社 
対象;全国の小学生(サイエンス分野は2部門4年生以上)、中学生、高校生
応募締切日;平成30年9月26日(水)必着
内容;募集部門は12部門あり、サイエンス分野で小中学生が応募できるのは① 理科自由研究部門 ② 社会科自由研究部門。昨年度の応募数は13万点以上。優秀作品には、内閣総理大臣賞・文部科学大臣賞・環境大臣賞などが授与されます。
URL;https://www.obunsha.co.jp/gakkon/

「自然科学観察コンクール」
主催;毎日新聞社、自然科学観察研究会
対象;全国の小学生、中学生
応募締切日;平成30年10月31日(水)必着
内容;動・植物の生態・成長の観察記録、鉱物、地質、天文、気象の観測など。
1~3等賞のほかに、文部科学大臣賞や秋山仁特別賞などもあり、受賞者にはオリンパスのデジタルカメラや顕微鏡が授与されます。
URL;https://www.shizecon.net/about/index.html#overview

「日本学生科学賞」
主催;読売新聞社
対象;全国の中学生、高校生
応募締切日;地方審査会 平成30年9月~10月(各都道府県ごとのお問い合わせ先
内容;物理/化学/生物/地学/広領域/情報・技術の6分野。身の回りの小さな疑問や不思議の解明、教科書に書かれている学説に対する疑問の解決などを募集。内閣総理大臣賞や文部科学大臣賞などがあり、副賞として現金20~50万円が授与されます。
URL;https://event.yomiuri.co.jp/jssa/

「「博物館の達人」になろう」
主催;国立科学博物館
対象;全国の小学生、中学生
応募締切日;しめきりはありません。1年のうち、いつでも・何回でも挑戦できます。
内容;科学博物館・科学館・動物園・植物園・水族館・プラネタリウムなどの博物館に10回行き、感想文(400字づめ原稿用紙1枚くらい)を書く。博物館の達人申請書学習記録
感想文の3つを送付する。
URL;https://www.kahaku.go.jp/learning/schoolchild/tatsujin/master.html

「全国小・中学生作品コンクール」
主催;子どもの文化・教育研究所
対象;全国の小学生(理科部門は小学3年生以上)、中学生
応募締切日;9月30日(日)消印有効
内容;国語・社会科・理科・生活科・英語・パソコンの6部門。学校での学習をもとに発展させて研究・調査したもの。6部門のそれぞれから、文部科学大臣賞/子どもの文化・教育研究所理事長賞/中央出版株式会社社長賞/各後援団体賞/優秀賞が選出され、特に優秀な作品には顧問審査員特別賞なども授与される。
URL;http://www.child-lab.com/sakuhin/index.html

「海とさかな 自由研究・作品コンクール」
主催;朝日新聞社・朝日学生新聞社
対象;全国の小学生
応募締切日;9月28日(金)
内容;研究部門・創作部門の2つの部門に分かれている。研究部門はさらに自由研究分野(調査研究・観察記録・実験など)・観察図分野に分かれていて、観察図分野は応募対象が1年生から3年生までとなっている。
URL;http://www.umitosakana.com/oubo-in.htm

「虫や植物とふれあうコンテスト」
主催;フマキラー株式会社
対象;全国の小学生
応募締切日;9月30日(日)
内容;虫や植物を題材にした自由な創作。実験と研究部門・作文部門・絵画部門・工作部門・音楽部門の5部門。フマrキラー大賞に輝くと、フマキラー広島工場見学会に参加できる。
URL;http://www.fumakilla.co.jp/kids/contests/index.html?2018

第13回「科学の芽」賞
主催;筑波大学
対象;全国(海外を含む)小学校3学年 ~、中学生、高校生
応募締切日;9月22日(土)消印有効
内容;自然現象の不思議を発見し,観察・実験して考えたことをまとめたもの。素直な疑問・発見があるもので,この一年間で新しく発見したことを中心にまとめた作品。
URL;http://www.tsukuba.ac.jp/community/kagakunome/oubo.html