月刊「化学」2018年7月号に提言が掲載されました

専門家がいちばん知りたい,面白い情報を提供する研究者向け月刊誌「化学 2018年7月号」(株式会社 化学同人発刊)に、大橋准教授の提言記事が掲載されました。

【提言】中等教育課程での研究倫理教育──学生を受け入れる側となる大学の役割とは?

初等・中等教育から探究的活動に取り組ませる試みが検討されているなかで、将来,彼らを受け入れることになる大学は,今何をすべきなのだろうか?

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *