受講生2名が科学技術振興機構「サイエンスカンファレンス」で研究発表しました

科学技術振興機構が主催する「ジュニアドクター育成塾サイエンスカンファレンス2018」が、11月10日(土)、11日(日)の2日間にわたり、東京都江東区青海にあるテレコムセンターで開催されました。

ジュニアドクター育成塾愛媛大学からは、今年度から研究を開始した2年目受講生のうち,ロボット研究を行う2名が研究成果発表に赴いています。

1日目は研究活動のポスター発表を全国のジュニアドクター育成開催団体の受講生たちとともに行い、2日目はワークショップに参加後、ロボット研究の第一人者である千葉工業大学 古田貴之先生の講演をきくことができました。

当日の模様が日テレNEWS24で報道されましたので、ご紹介します。
「ジュニアドクター大賞は中学2年生の研究」
2018年11月11日 19:26

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *