令和元年度ジュニアドクター育成塾愛媛大学は大きく生まれ変わります!

ジュニアドクター育成塾は、小学校5年生から中学校3年生を対象にした、国立研究開発法人科学技術振興機構(JST)の支援を受けて実施されている研究人材育成事業です。

しかし「研究人材」とは、ビーカーとフラスコを使い、いつも一人で実験室にこもっている人材ではありません。

研究はいわゆる文系とされる分野でも行われており、他の研究者と協働して行われることも多くあります。

そんな新時代に適合する「研究人材」を育成するため、令和元年度ジュニアドクター育成塾愛媛大学は前年度に比べ大きくカリキュラムの変更を予定しています。

詳細については今後発信させていただきますが、まず第一弾として動画を作成しましたので、ご覧ください。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *