調査レポート「現代学生たちの進路選択におけるジェンダーバイアス要因」がアップされました

ジュニアドクター育成塾愛媛大学は、年齢や性別、居住地などの属性に左右されない自由で選択肢の多い生き方ができる社会の実現を応援しています。

しかし残念ながら大学・大学院の学部選択状況をみると、男女で選択割合が大きく違うことがわかっています。

参考:
女性研究者の比率は増えている?【学校基本調査編 part1】

女性研究者の比率は増えている?【学校基本調査編 part2】

何が生徒の選択に影響を及ぼしているのでしょうか。
全国の15歳~19歳の男女1,051名にインターネット調査を実施しました。
果たしてどのような結果がわかったのでしょうか。

調査レポートはこちらからダウンロードできます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *