第5回中高生のためのかはく科学研究プレゼンテーション大会で受講生2名が審査員特別賞を受賞しました

2019年7月28日(日)に愛媛県総合科学博物館で実施された「第5回 中高生のためのかはく科学研究プレゼンテーション大会」で、ジュニアドクター育成塾愛媛大学の2年目受講生2名が「審査員特別賞」を受賞しました。

おめでとうございます!

第5回中高生のためのかはく科学研究プレゼンテーション大会

全国科学コンクールまとめ【2019年版】をアップしました。

あなたが頑張ったその作品を共有することで、もしかしたらあなたの未来が変わるかもしれません。

コンクールの中には、受験生が受賞した場合入試への活用が可能なものもあります。

親子とも何かと忙しい夏休みですが、限られた時間の中でも探究心を楽しみましょう!

全国科学コンクールまとめ【2019年版】

南海放送ラジフェス2019に参加しました

不安定な天候の中、色の変わる不思議なアントシアニンクレヨン,オリジナルのにおいを作ろう,タネを作って飛ばそう,の3つの実験を時間入れ替え制で行いました。

多くの方にジュニアドクター育成塾愛媛大学について興味を持っていただくことができました。

当日ご参加いただいたみなさま、ありがとうございました!

受講生が探索研究で発生したメタン醗酵菌の燃焼試験に成功しました

ジュニアドクター育成塾では,2年目以降の受講生はそれぞれの研究テーマを持って研究を進めます。大村智先生に憧れ,新たな機能を持つ土壌菌の探索研究お行っている本受講生は が、150回程度の試行錯誤の結果、燃焼試験に成功した様子を動画にまとめました。

※150回すべての試行錯誤が映ってはいませんので、2分で見ることができます。

また上記研究について、2018年度最終成果報告会での研究報告の様子もご覧いただけます。

愛媛大学の学部生・院生が南海放送ラジオフェスに参加します

4つの実験を時間入れ替え制で実施しますので,お時間のある方はぜひお立ち寄りください!

南海放送ラジフェス2019
愛媛大学教育学部 大橋研究室ワークショップ

世代別・年収別にみる自由研究と親子関係についてのリリースを公開しました

先日発表した「自由研究と親子関係」についての第1弾リリースに続き、結果を世代別・年収別に分析した第2弾リリースを公開しました。

アンケート 回答者の年齢層「20歳未満」「20~30歳未満」「30~40歳未満」「40~50歳未満」「50~60歳未満」「60歳以上」の6つに分けて結果を分析すると、どのような傾向がみえるのでしょうか?

また回答者の現在の年収別に、保護者がどのように自由研究に関わったのかという分析もしております。

何のために自由研究なんていう課題があるのか…と悩める親子のみなさま、ぜひご一読ください。

プレスリリース

「教育への提言」に発表資料作成について2つの記事がアップされました

前回動画で説明したロイロノート・スクールの使い方を記事形式で説明した
「ロイロノート・スクールを活用しよう!」

さらに作成したスライドに音声を付ける方法を説明した
「実況解説動画を作ろう」

の2記事が追加されました。

研究だけでなく、スポーツや芸術の習い事振り返りに使用してもいいかもしれませんよ!

「教育への提言」

ロイロノート・スクールでデジタル紙面作成動画を公開しました

ジュニアドクター育成塾愛媛大学の講座内で使用している ICT教育ツール「ロイロノート・スクール」の新機能カード・オン・カード機能を使うと、カードサイズを自由に決めて、大きなカードの中に小さなカードを入れることができます。この機能を利用して,デジタル紙面を作る方法を2分で解説する動画を公開しました。

ジュニアドクター育成塾愛媛大学の講座内で使用している ICT教育ツール「ロイロノート・スクール」の新機能カード・オン・カード機能を使うと、カードサイズを自由に決めて、大きなカードの中に小さなカードを入れることができます。この機能を利用して,デジタル紙面を作る方法を2分で解説する動画を公開しました。

教育への提言
2019.3.27 【2分でわかる】ロイロノートを使ったフルデジタル紙面の作成
をクリックしてください。

岡山県立倉敷天城中学校の課題研究発表会の模様を動画にまとめました

3月2日(土)に実施された倉敷天城中学校の課題研究発表会で、小中学生3名が研究発表しました。

3月2日(土)に実施された倉敷天城中学校の課題研究発表会で、小中学生3名が研究発表しました。

発表者たちの素敵な学びを動画にまとめました。

日本生物教育学会 四国支部研究会参加の受講生、全員が奨励賞を受賞しました

3月9日(土)にジュニアドクター育成塾愛媛大学受講生4名が、日本生物教育学会 四国支部第1回研究会に参加し、 全員が奨励賞を受賞しました。