教育への提言に「原稿を読まずに発表する方法」他4記事をアップしました

ジュニアドクター育成塾愛媛大学では知識を詰め込むだけではなく、アウトプットすることで知っているだけから脱却し、自分自身の知見になることを重視しています。

効果的な発表から質問をする目的まで、プレゼンテーションに役立つ記事をアップしました。

教育への提言

2月2日に実施された四国初開催の「ロイロノートユーザー会」で模擬授業をしました

2月2日(土)に愛媛県松山市の愛光学園で実施された教育現場へのICT活用を紹介するロイロノートユーザー会で、大橋先生がジュニアドクター育成塾愛媛大学での活用状況を模擬授業として紹介しました。

2月2日(土)に愛媛県松山市の愛光学園で実施された教育現場へのICT活用を紹介するロイロノートユーザー会で、大橋先生がジュニアドクター育成塾愛媛大学での活用状況を模擬授業として紹介しました。

ユーザー会で使用した動画の一部を公開します。

教育への提言に「職業へのステレオタイプ」「大学院生の地域特性」の2記事をアップしました

ジュニアドクター育成塾愛媛大学は、性別や居住地に左右されることなく学びたい人が学びたいことを選択できる社会を目指して活動しています。

理系進路選択にまつわる社会的バイアスについての提言です。

教育への提言

教育への提言に「正解主義から脱しよう」他5記事をアップしました。

今年も残すところあとわずか。

教育の今への提言を一気にアップしました。

2018.12.06  正解主義から脱しよう!【part1】

学校で教わる、学校でしか通じない方法とは?

2018.12.07  正解主義から脱しよう!【part2】

今わかっていることが正解とはかぎらない!

2018.12.08  女性研究者の比率は増えている?【学校基本調査編 part1】

理系分野で博士課程の女性比率が高まっている学部は?

2018.12.09   女性研究者の比率は増えている?【学校基本調査編 part2】

Society5.0に向けて必要なのは?

2018.12.12   性別による進学率

女性が大学に行くことのメリットに対する認識が影響!?

大橋准教授著書「13歳からの研究倫理」が図書館教育ニュースで紹介されました

8月10日に上梓されたジュニアドクター育成塾愛媛大学事務局長・大橋淳史准教授が執筆した「13歳からの研究倫理」(化学同人刊)が、メディアリテラシー教育観点からご注目いただき、中学校・高校を対象にした旬刊紙「図書館教育ニュース」(月3回発行)に掲載されました。

【掲載個所】
「図書館教育ニュース」2018年10月28日号付録
  新刊紹介コーナー「サイエンスの世界」

大橋准教授が「第4回 テックプログレスDAY」に審査員として参加しました

「IT✕ものづくり」を楽しく学ぶことができる習いごと教室「テックプログレス」を展開している株式会社テックプログレス様が通学生を対象に開催されている「第4回 テックプログレスDAY(2018年10月8日)」に、ジュニアドクター育成塾愛媛大学事務局長の大橋淳史准教授が審査員として参加しました。

【開催レポート】通学生による年1回の発表会イベント『第4回 テックプログレスDAY』