令和元年度ジュニアドクター育成塾愛媛大学について「みんなの経済新聞」に掲載されました

地域のビジネス&カルチャーニュースを配信する各地の情報サイトから成るメディアネットワークである「みんなの経済新聞ネットワーク」に、令和元年度ジュニアドクター育成塾愛媛大学の講座について掲載されました。

みんなの経済新聞 7/11(木) 11:50配信

3月2日倉敷天城中学校の課題発表会で受講生が研究発表しました。

倉敷天城中学校は,科学とグローバルを重視した教育先進校 で、AMAKI学という独自のカリキュラムを行っています。

この特色ある教育の集大成のひとつである課題研究発表会は,全生徒が参加し、中学校1年から準備を始めて3年で探究活動を行います。

ジュニアドクター育成塾愛媛大学では、この素晴らしい発表会を一昨年から聴講していましたが,今年度はついに受講生が発表に参加することになりました。

詳細はこちら


このような折りたためてカバンにしまえる、不織布に印刷したポスターで発表を行いました。

当日はたくさんの来場者にさまざまなアドバイスをもらって、研究発表に取り組んだ受講生たちは、とても刺激を受けた1日となったようです。

ジュニアドクター育成塾愛媛大学の受講生が倉敷天城中学校研究発表会でポスター発表しているところ
ジュニアドクター育成塾愛媛大学の受講生が倉敷天城中学校研究発表会でポスター発表しているところ
ジュニアドクター育成塾愛媛大学の受講生が倉敷天城中学校研究発表会でポスター発表しているところ
ジュニアドクター育成塾愛媛大学の受講生が倉敷天城中学校研究発表会でポスター発表しているところ

第7テーマ「視覚情報への言語の影響を見える化する研究」の事前学習動画をアップしました

なぜ緑色の芋虫を,青虫とよぶのでしょう?
私たちに見える「色」を,私たちはどうやって認識しているのか。その不思議に挑みます。

教育への提言に「職業へのステレオタイプ」「大学院生の地域特性」の2記事をアップしました

ジュニアドクター育成塾愛媛大学は、性別や居住地に左右されることなく学びたい人が学びたいことを選択できる社会を目指して活動しています。

理系進路選択にまつわる社会的バイアスについての提言です。

教育への提言

12月15日に安田女子中学高等学校の生徒研究発表会に受講生が参加しました

12月15日(土)に広島県安田女子中学高等学校で実施された生徒研究発表会にジュニアドクター育成塾愛媛大学の受講生が参加しました。

安田女子中学高等学校公式サイト

本プログラムは,県外の先進的教育を実施する学校との連携を行っています。次代を担う子どもたち同士が,互いに刺激し,高め合うコミュニティを形成することが目標です。

安田女子高等学校の生徒さんとの交流は、盛り上がって話が尽きませんでした。

貴重な機会をいただいた、安田女子高等学校の皆さまに感謝いたします。

当日の様子はこちら(ジュニアドクター育成塾愛媛大学facebook動画)

教育への提言に「正解主義から脱しよう」他5記事をアップしました。

今年も残すところあとわずか。

教育の今への提言を一気にアップしました。

2018.12.06  正解主義から脱しよう!【part1】

学校で教わる、学校でしか通じない方法とは?

2018.12.07  正解主義から脱しよう!【part2】

今わかっていることが正解とはかぎらない!

2018.12.08  女性研究者の比率は増えている?【学校基本調査編 part1】

理系分野で博士課程の女性比率が高まっている学部は?

2018.12.09   女性研究者の比率は増えている?【学校基本調査編 part2】

Society5.0に向けて必要なのは?

2018.12.12   性別による進学率

女性が大学に行くことのメリットに対する認識が影響!?