10月6日実施講座 第2テーマ「複言語学習」当日の様子をまとめた動画をアップしました

10月6日(日)にジュニアドクター育成塾愛媛大学で第2テーマ「複言語学習」講座を実施いたしました。

講師を務めてくださった大阪大学の岩居弘樹教授は、どうしたら楽しく言語を学べるかについて、長年研究をされていらっしゃいます。

当日はインドネシア語を担当されるマーガレット先生、韓国語を担当されるリ先生とともに、岩居先生ご専門のドイツ語と合わせて3ヶ国語を教えてくださいました。

1ヶ国語あたり45分という、今までの言語学習から考えると信じられないくらいの短さで、受講生たちは3ヶ国語で簡単な自己紹介までできるようになりました。

はじめて学ぶことなので、当然忘れてしまうでしょう。でも忘れても大丈夫。テクノロジーを活用して、また思い出せばいい。何度も繰り返すことが大事という、岩居先生のお言葉は、すべての新しい学びに共通するのではないでしょうか。

9月22日発表講座!デジタル版えひめこども科学新聞を作成しました

9月22日(日)にジュニアドクター育成塾愛媛大学の発表講座が実施されました。

9月8日に株式会社ディー・エヌ・エー 和波里翠先生に教えていただいた「グラフィックレコーディング」について、班ごとに学んだことをまとめました。

今年度から誌面はICT教育ツール『ロイロノート』を使用して作成しています。

『ロイロノート』自体は今までも講座内で使用していたため、昨年度以前からの受講生は、使い方もスムーズだったようです。

講評を担当してくださった愛媛新聞社 編集局報道部副部長 二宮京太郎 様も仰っていた通り、今は新聞社でもデジタル入稿となっているそうです。

科学についての学びだけでなく、将来役立つアウトプットの方法も一緒に学べることが、令和元年度講座の特徴です。

受講生たちの今後の進化がますます楽しみですね!

当日の様子

次回9月22日は発表講座!本年度からまとめ新聞はデジタル版を作成します

9月22日(日)のジュニアドクター育成塾愛媛大学講座は、第1テーマ「グラフィックレコーディング」で学んだことをアウトプットする、発表講座となります。

昨年度までは手書きの壁新聞タイプで取り組んでおりましたが、Society5.0時代をリードする人材育成を目標としている本年度講座では、ICT教育ツール『ロイロノート』を使用しデジタルでのまとめ新聞作成に挑戦します。

「ICT教育ツールって、なに?」「デジタル新聞って、どういうもの?」と思われる方は、以前にYouTubeにアップされた『【2分でわかる】ロイロノートを使ったフルデジタル紙面の作成』をぜひご覧ください。

「教育への提言」に発表資料作成について2つの記事がアップされました

前回動画で説明したロイロノート・スクールの使い方を記事形式で説明した
「ロイロノート・スクールを活用しよう!」

さらに作成したスライドに音声を付ける方法を説明した
「実況解説動画を作ろう」

の2記事が追加されました。

研究だけでなく、スポーツや芸術の習い事振り返りに使用してもいいかもしれませんよ!

「教育への提言」

ロイロノート・スクールでデジタル紙面作成動画を公開しました

ジュニアドクター育成塾愛媛大学の講座内で使用している ICT教育ツール「ロイロノート・スクール」の新機能カード・オン・カード機能を使うと、カードサイズを自由に決めて、大きなカードの中に小さなカードを入れることができます。この機能を利用して,デジタル紙面を作る方法を2分で解説する動画を公開しました。

ジュニアドクター育成塾愛媛大学の講座内で使用している ICT教育ツール「ロイロノート・スクール」の新機能カード・オン・カード機能を使うと、カードサイズを自由に決めて、大きなカードの中に小さなカードを入れることができます。この機能を利用して,デジタル紙面を作る方法を2分で解説する動画を公開しました。

教育への提言
2019.3.27 【2分でわかる】ロイロノートを使ったフルデジタル紙面の作成
をクリックしてください。

2月2日に実施された四国初開催の「ロイロノートユーザー会」で模擬授業をしました

2月2日(土)に愛媛県松山市の愛光学園で実施された教育現場へのICT活用を紹介するロイロノートユーザー会で、大橋先生がジュニアドクター育成塾愛媛大学での活用状況を模擬授業として紹介しました。

2月2日(土)に愛媛県松山市の愛光学園で実施された教育現場へのICT活用を紹介するロイロノートユーザー会で、大橋先生がジュニアドクター育成塾愛媛大学での活用状況を模擬授業として紹介しました。

ユーザー会で使用した動画の一部を公開します。