自由研究と親子関係についてのリリースを公開しました

ジュニアドクター育成塾愛媛大学は自由研究と親子関係についてのリリースを公開しました

新年度が始まり、新しい環境での生活にやっと慣れてきた親子を待ち受ける
次なる壁は夏休みです。

昼食の準備、ラジオ体操やプールの時間管理とともに、頭を悩ませるのが夏休みの宿題です。

特に各学校で義務化されていることも多い「自由研究」や調べもの学習に関しては、
テーマ探しから実施、まとめまで、どのように親が適切な関わりをするかが最大のポイントとなります。

そこでジュニアドクター育成塾愛媛大学では、自由研究提出が終了した昨年秋に、15~76歳の男女に「夏休みの自由研究に対する思い出」についてインターネット調査を実施いたしました。

プレスリリース

『13歳からの研究倫理』の増刷が決定しました

ジュニアドクター育成塾愛媛大学事務局長大橋淳史准教授が著した13歳からの研究倫理が増版します。

学校単位での購入も増え、副読本として活用していただき始めました。
自由研究の時間をたっぷりとることが出来る夏休み前に,
不正のない研究とは何か、親子で手軽に学ぶことができます!

「13歳からの研究倫理」
(大橋淳史著,化学同人)